湯活

メディカハーブとは

メディカハーブ

商品名の由来

商品名の由来は、
医療を意味するメディカル[MEDICAL]+ハーブ[HERB]を合わせ、
「メディカハーブ―MEDICA HERB―」としました。各ターゲットにも「薬用」「生薬・ハーブ」が届きやすいネーミングです。

薬用とろみ生薬浴が諸症状をやわらげる

処方コンセプト

お湯に溶かすと湯感はさらさらなのに、肌に触れると「とろみ感」が出る特殊処方です。
さらに生薬成分+植物成分が溶けた「とろみ生薬湯」効果で、全身を包み込み、ターゲットが悩んでいるさまざまな諸症状をやわらげます。また、湯上りも保温・保湿効果が持続します。

メディカハーブの特徴1

お湯はサラサラ、でも、お肌はとろみ感触

メディカハーブの最大の特徴は“お肌へのとろみ感”。
お肌に触れた瞬間、とろみが生まれる特殊な処方です。
とろみ感を生む正体は、針葉樹パルプ由来の「ナチュラルとろみ成分」。
生薬が溶け込み、ナチュラルとろみ成分の入ったお湯が全身を包み込むラッピング効果で、入浴による温感とうるおいをキープします。

  • 温浴効果について
  • 保湿効果について

メディカハーブに配合されている数々の生薬成分は古くから伝わる「黄金比」をもとに、絶妙に配合されています。
温浴効果やうるおい感に即効性のある比率を守って作られた薬用入浴剤です。

北アルプスの雪解け水が長い年月をかけて磨かれ、ろ過されてくみ上げられた温泉水(ミネラルウォーター)

メディカハーブのベースになっている水は、数ある液体入浴剤の中でもめずらしい「温泉水」許可を持つミネラルウォーターを使用しています。
また、塩素除去成分(グリシン)配合により、お肌に負担をかけずに入浴できます。

  • 塩素除去効果について

香りはよかったですか?

ヨーロピアンハーブの香りとオリエンタルハーブの香りに使用している香料は調香師も唸ったほど、数々の精油を絶妙にブレンドしています。
幾度の試作を経て完成したその香りは、生薬イメージを思わせる本格派ながらも、マイルドなリラックス感も演出します。

ヨーロピアンハーブの香り

ハーブを主体にしながらもリラックス感のある調香で、お子様も一緒にお楽しみいただけるマイルドな香りです。

オリエンタルハーブの香り

生薬の香りを忠実に再現した、本物志向の方でも納得の本格的な香りです。

ヨーロピアンハーブの香り
30代からの不調酸にあたたまりブレンド処方
西洋ハーブ10種ブレンド
オリエンタルハーブの香り
50代からの不調サインにはつらつブレンド処方
和漢ハーブ9種ブレンド
ご購入はこちら